口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

フリーランスで働くためのヨガインストラクター養成スクールはある?

ヨガインストラクターとして働く方法には、特定のスクールに雇用されて専属講師として働く方法のほかに、フリーランスのインストラクターとして働く方法もあります。ここでは、こうしたタイプのインストラクターを目指す人のための養成スクールについて、わかりやすく紹介します。

フリーランスのヨガインストラクター

ヨガインストラクターとして働くためには、まずヨガを教えている教室に雇用される必要がありますが、特定の教室と専属契約を結ぶほかに、フリーランスとして契約することもできます。

フリーランスでヨガインストラクターとして働くことのメリットは、複数の教室でヨガの指導ができることです。多くの教室と同時に契約をすることにより、一つの教室と専属契約をする場合よりも、収入が増加する場合もあります。

そのために、フリーのインストラクターは人気があるのですが、職業として継続させるためには、特定の教室に専属して働く講師よりも高い技能が必要になります。教室で外部から講師を招いて、ヨガの指導をしてもらうのは、専属講師では教えることができないタイプのヨガを指導できるからです。

特定の教室と専属契約しないでインストラクターとして活動したい人は、できるだけ多くの種類のヨガを指導できるようにすることが求められています。

フリーランスとして働くための養成スクール

フリーランスのヨガインストラクターとして働きたい人に向いているのが、ヨガに関する幅広い知識を学ぶことができるタイプのスクールです。養成スクールの中には、ヨガを指導するために必要な基本的な技術を短期間で学ぶことができるタイプの学校もありますが、より深くヨガを学びたい場合に利用できるのが、長期の養成スクールです。

ヨガを教えるうえで役立つ、外国の文化などさまざまな知識も一緒に学ぶことができるので、高い技術が求められているフリーのインストラクターには最適なスクールです。こうしたスクールでは幅広い種類のヨガを体系的に学ぶこともできるので、多くの種類のヨガを指導できるインストラクターになりたい人にも、向いているスクールです。

フリーのインストラクターの場合には、どのような種類のヨガを指導できるかによっても、仕事の量に影響するので、できるだけ多くの種類のヨガを指導できるようにしておいたほうが、インストラクターとして実際に働きはじめたときにも何かと役立ちます。

教室経営も考えている人のための養成スクール

フリーランスのヨガインストラクターとして働く場合には、自分で専門の教室を開催して、生徒を集める方法もあります。自分で好きな場所で好きな時間に教室を開催できるのが、インストラクターにとっての大きなメリットです。

自分で教室を開催する場合には、ヨガを指導するための技術だけでなく、経営のための知識もあわせて必要になります。そのために、将来自分で教室を経営することを考えているインストラクター志望者は、経営のための準備をしておく必要があります。

ヨガインストラクターの養成スクールの中には、ヨガの指導に関する技術的な指導だけでなく、将来自分でヨガ教室を開催したい人のために、経営に関する指導をおこなっているスクールもあります。

こうしたタイプの学校で学習することにより、将来自分で教室を開催したいと考えているインストラクターも、経営についての必要な知識を効率的に学習できます。

 

フリーランスのヨガインストラクターとして働くためには、特定の教室と専属契約をしているインストラクターよりも高い技術が求められています。複数の教室で指導をするためには、さまざまな種類のヨガを指導できる知識も必要になります。

ヨガに関する幅広い技術を学ぶことができる養成スクールならば、より多くの種類のヨガを学ぶことができるので、フリーとして働く場合にも有利です。自分で教室を開催したい場合には、経営に関する知識を学べる養成スクールで学ぶこともできます。

サイト内検索
記事一覧
おすすめヨガインストラクター養成スクール