口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ5選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

おすすめポイントサポート体制・資格取得率・費用面など全てが好条件

比較ランキング第1位は、アヤボディアーキテクチャーです。

アヤボディアーキテクチャーは国内の認定校において、ヨガアライアンスの4資格をまとめて一気に取得できる国内初のヨガインストラクター養成スクールです。

初心者からでもヨガインストラクターを目指してがんばれるのはもちろん、卒業後にフリーランスとして活躍したり開業をしたりするためのモデルが用意されています。

RYT500を授業として選ぶと、RYT200・RPYT(マタニティヨガインストラクター)・RCYT(キッズヨガインストラクター)の各資格を自動的に取得できるシステムがあり、「ヨガアライアンスが発行する4つの資格を取得したい」と考えている人にはぴったりのスクールです。

さらに、RYT200を取るために入学してもその単位をRYT500取得のために加算できるので、単位を無駄にせず途中で乗り換えられます。

99%という高い資格取得率が自慢で、卒業すれば簡単に資格を取得可能。

卒業後の就職支援やアライアンス申請のアドバイスを受けられるなど、サポート体制も万全です。

また、アヤボディアーキテクチャーは費用面でもメリットがあり、月々6,600円から資格を取得できるのが嬉しいポイントです。

サポート体制・資格取得率・費用面などどこを見ても堂々第1位のヨガインストラクター養成スクールとなっています。

ヨガアライアンスの4資格を一気に取得できる国内初の認定校


国内の認定校において、ヨガアライアンスが発行する4つの資格を全て取得できる国内初のヨガインストラクター養成スクール、それがアヤボディアーキテクチャーです。

スクールの代表自身が「以前、ヨガアライアンス最高峰の資格であるRYT500を取得するためには海外での長期合宿しか手段がなく歯がゆい思いをした」という経験から設立されました。

養成講座は代表がこれまでにインストラクターとして勤めてきた経験を活かしたプログラムとなっていて、さらにフリーランスや開業をするためのモデルが用意されています。

つまり、アヤボディアーキテクチャーでヨガインストラクターを目指して勉強すれば、必然的に「ヨガを仕事にする」という道が拓けてくるということなのです。

そんなアヤボディアーキテクチャーにはRYT500を授業として選ぶと、RYT200・RPYT(マタニティヨガインストラクター)・RCYT(キッズヨガインストラクター)の各資格を自動的に取得できるシステムがあります。

RPYTの講座では妊婦さんの受講が歓迎されていて、産後1歳になるまでの乳幼児と一緒に受講できます。

また、RCYTは小学生までの子供と一緒に参加できるため、「子供の習い事」と「親御さんの資格取得」の両方を同時に実現できます。

資格を取るまでの間は保育所を探さなくていいこともメリットです。

さらに、RYT200を取得するために入学したとしても、その単位をRYT500取得のために加算できるため、単位を無駄にすることなくいつでもRYT500へ乗り換えることが可能です。

99%という高い資格取得率が自慢!


アヤボディアーキテクチャーの特徴、それは99%という高い資格取得率にあります。

なぜ100%でないのかというと、資格を取得できていない1%の人は「養成講座は卒業したもののヨガアライアンスへ資格申請をしていない」という生徒です。

ヨガアライアンスへ申請するかどうかは個人の自由にかかっているため、実質的には卒業者全員が資格を取得していると考えていいでしょう。

ちなみに授業の中ではヨガアライアンスの申請方法も説明してくれるため、初心者でも安心して申請できます。

卒業の際にはテストなどが行われるわけではなく、「実際のヨガインストラクターになったつもりで模擬授業をする」というのが試験の内容です。

基本的に不合格者は出ないシステムになっていて、テストなどが苦手だと感じる人でも難なくヨガインストラクターの資格を取得できます。

また、アヤボディアーキテクチャーには資格取得率が高いということ以外にも様々な特徴があります。

例えば、RYT200やRYT500などの講座では学びたいカリキュラムを自分で自由に選べます。

本当に必要だと感じるカリキュラムを選択できたり、自分に適していると思う学び方をしたりできます。

さらに「シニアヨガインストラクター養成講座」や「アーユルヴェーダアドバイザー養成講座」、「アシュタンガヨガインストラクター養成講座」なども追加料金なしで受けられるのが嬉しいポイントです。

「ただ資格を取る」ということだけに重点が置かれているわけではなく、ヨガインストラクターとしての実力・自立心を習得するために「職業訓練的な要素」が重視されています。

つまり、アヤボディアーキテクチャーで学べばより実践的な人材になれ、現場で活躍できるヨガインストラクターになれるのです。

アヤボディアーキテクチャーの【料金プラン】を見てみる

 

いつでも入学可能!3年間でライフスタイルに合わせて資格を取ろう


数あるヨガインストラクター養成スクールの中からアヤボディアーキテクチャーを選ぶメリットとしては、サポート体制が充実しているというものが挙げられます。

受講猶予が3年間に設定されていて、期間内であればどんな通学方法で資格を取得してもOKです。

例えば、毎日のように講座を受講して短期間での資格取得を目指すのもいいですし、月に1〜2回の受講を3年ほど続けて長期間でじっくり学ぶこともできます。

つまり、一人ひとりのライフスタイルに合わせて通いやすい環境になっているのです。

さらに、スクールを卒業してヨガインストラクターとして働くための就職活動やヨガアライアンスの申請方法などのアドバイスを行なってくれる上、「卒業後にも気軽に帰りやすい場所」をコンセプトとして在校生・卒業生共に無料で参加できる補講が用意されているのも大きなメリットです。

また、仕事や育児、家事などで忙しい人でも受講しやすい環境であることもアヤボディアーキテクチャーのメリットです。

養成講座は年中・毎週のように開講していて、開講カレンダーをチェックして自由に受講できます。

さらに、各講座にはスタート日が設定されておらず、1年を通して好きなタイミングで入学できます。

ほとんどの講座は予約不要で、飛び込み受講ができるのも便利なポイントです。

なかなかスケジュールを確保できない人でも、突然予定が空いた時にラクラク受講できます。

また、アヤボディアーキテクチャーは料金面でも他の養成スクールと比べてメリットがあります。

資格によって変わりますが、月々6,600円から資格取得を目指して勉強でき、経済的にも利用しやすいヨガインストラクター養成スクールです。

なお、入学金や教材費が一切ないことや受講料とは別の有料講座が必要になる心配もありません。

あらかじめ費用が明確にわかっているため、ヨガインストラクターを目指して勉強するための予算を準備しやすいです。

受講料は分割払いが可能になっていて、まるで習い事をするような感覚で講座を受講できます。

さらに、国内4校のうちいくつかの学校ではワンコインレッスンのサービスが行われています。

お試し感覚でも利用しやすく、養成スクールの雰囲気を感じやすいものになっています。

サイト内検索
記事一覧