口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ5選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクター養成スクールランキング!

ヨガインストラクターを目指すなら養成スクールで資格を取ろう!

サンスクリット語で「つながり」という意味を表すヨガ。

ヨガとは呼吸と姿勢、瞑想を持ち寄って心を安定させ、安らぎを得るための行動です。

現在ヨガを実践している人はもちろん、これからヨガを始めようという人の中には「ヨガを仕事にできたら」と考える人もいるのではないでしょうか。

実際のところヨガインストラクターを仕事にするために必要な資格はありませんが、それでもヨガをきちんとビジネスとして成立させるためにはやはり資格が必須です。

ヨガインストラクターには国家資格などが存在しておらず、「ヨガの資格」と言えば全米ヨガアライアンスの発行する資格を指すのが一般的です。

全米ヨガアライアンスは1980年代にアメリカで創設された、世界で最も大きい規模のヨガ協会です。

そんなヨガアライアンスが発行する資格を取得していることは、ヨガインストラクターとしての実力の証明になります。

資格を取得するためにはヨガアライアンスから認定されたヨガインストラクター養成スクールへ通うのが一般的で、こちらはその養成スクールを比較ランキング形式で紹介している記事です。

スクールへの通いやすさやサポート面、価格面を重視してランキングを決定したので、ぜひ最後までご覧ください。

ヨガインストラクター養成スクールランキング一覧!

サポート体制・資格取得率・費用面など全てが好条件

比較ランキング第1位は、アヤボディアーキテクチャーです。

アヤボディアーキテクチャーは国内の認定校において、ヨガアライアンスの4資格をまとめて一気に取得できる国内初のヨガインストラクター養成スクールです。

初心者からでもヨガインストラクターを目指してがんばれるのはもちろん、卒業後にフリーランスとして活躍したり開業をしたりするためのモデルが用意されています。

RYT500を授業として選ぶと、RYT200・RPYT(マタニティヨガインストラクター)・RCYT(キッズヨガインストラクター)の各資格を自動的に取得できるシステムがあり、「ヨガアライアンスが発行する4つの資格を取得したい」と考えている人にはぴったりのスクールです。

さらに、RYT200を取るために入学してもその単位をRYT500取得のために加算できるので、単位を無駄にせず途中で乗り換えられます。

99%という高い資格取得率が自慢で、卒業すれば簡単に資格を取得可能。

卒業後の就職支援やアライアンス申請のアドバイスを受けられるなど、サポート体制も万全です。

また、アヤボディアーキテクチャーは費用面でもメリットがあり、月々6,600円から資格を取得できるのが嬉しいポイントです。

サポート体制・資格取得率・費用面などどこを見ても堂々第1位のヨガインストラクター養成スクールとなっています。

価格(RYT200)
\350,000円~\400,000円
※校舎によって異なる
学校数
4校
地域
東京、神戸、名古屋、福岡
主な取得可能資格
RYT200、RYS300、RYT500など

国内でも数少ない全米ヨガアライアンスの認定スクール

比較ランキング第2位は、FIRSTSHIP(ファーストシップ)です。

FIRSTSHIPは設立からこれまでに10,000人以上の人が資格を取得している実績を持ち、それぞれの卒業生が国内外でヨガインストラクターとして活躍しています。

店舗は新宿と横浜、大阪と大宮、福岡に展開していて、主要都市に近い場所にお住まいの人が通いやすい環境です。

通学だけでなく通信講座でヨガの学習ができるようになっていて、一人ひとりのライフスタイルに合わせて学べます。

FIRSTSHIPを運営している株式会社ベンチャーバンク・グループは、日本最大級のヨガスタジオLAVAも運営しています。

これが理由で、オーディション対策講座を無料で受けることができたり書類選考を免除してもらえたりと幅広いサポートが提供されています。

ヨガインストラクターを目指すのであれば、ただ学べるだけの養成スクールよりも就職サポートをしてくれる養成スクールの方が嬉しいですよね。

そんなFIRSTSHIPでは目的別に3つのプランが用意されていて、本気でヨガインストラクターを目指すのであれば「ヨガの資格を取る」プランがおすすめです。

こちらのプランなら、基本から応用まで幅広い内容を学べ、技術とスキルを身につけられます。

価格(RYT200)
\569,444~
学校数
5校
地域
新宿、横浜、大阪、大宮、福岡
主な取得可能資格
RYT200、RYT500など

大阪でヨガインストラクターを目指すならここ!

比較ランキング第3位は、ヨガアカデミー大阪です。

ヨガアカデミー大阪は最寄駅から徒歩30秒という好アクセスが自慢で、大阪で人気のヨガインストラクター養成スクールとなっています。

全国展開はしていないため遠方の人は通うのが難しいですが、「大阪でヨガインストラクターを目指したい!」という人にはおすすめのスクールです。

これからヨガインストラクターを目指す人だけでなく、すでに資格を持っていて「指導者としてもっと成長したい」と考える人向けの講座も開かれています。

ヨガ講座を企画・運営しているのは日本最大級のヨガ情報サイトである「ヨガジェネレーション」です。

最高水準のヨガ講座が幅広く開講されていて、ヨガアライアンスが発行する資格以外にもフェイシャルヨガやヨガセラピーなど、ヨガにまつわる様々な資格を取得可能です。

「ただヨガを教える」だけでなく「ヨガを仕事にするためのビジネス講座」なども開催されています。

ヨガインストラクターを目指す上で必要なスキルや知識、技術は全てヨガアカデミー大阪で学ぶことができるでしょう。

ヨガアカデミー大阪では規定のコースなどが設定されているわけではなく、それぞれの講座ごとに受講料や期間が指定されているシステムです。

初心者からヨガインストラクターを目指していく講座も多数開催されていて、目的に応じて自分にぴったりの講座を選んで受講できます。

チェックしておきたいのは、店舗にはシャワールームがないことです。

店舗の設備はスタジオと更衣室だけというシンプルなものになっていて、もし気になる人は汗拭きシートを持参するなどの対策を行いましょう。

また、ヨガに欠かせないヨガマットをレンタルすることができますが、1日あたり300円の有料となっています。

予約制なので事前に伝え忘れないようにしましょう。

価格(RYT200)
\410,400
学校数
1校
地域
大阪
主な取得可能資格
RYT200、フェイシャルヨガなど

サポート制度・支援制度の充実した歴史あるスクール

比較ランキング第4位は、ヨギー・インスティテュートです。

2004年の設立から10年以上の歴史を持っているヨガインストラクター養成スクールで、養成コースは札幌から福岡まで全国各地で開催されています。

いずれの拠点も駅から直結か徒歩5分の立地であり、通いやすさが重視されています。

これまでに各種プログラムを受講した人数はのべ6,000名にもなり、プロのインストラクターを養成するための教育機関として日々成長しています。

ヨガだけでなくピラティスやビューティー・ペルヴェス、瞑想のプログラムも用意されていて、幅広い「学び」を実践できます。

サポート制度や支援制度が充実していることが特徴で、例えば「デビューサポート制度」というシステムがあります。

これはスタジオ・ヨギーのインストラクターとして働くまで、スキルや経験を現場の講師とともに積んでいける制度です。

この制度を終えるとスタジオ・ヨギーの現場でクラスを担当できるようになります。

さらに、「コンシェルジュ」と呼ばれる養成コース専任のスタッフが生徒一人ひとりの要望を聞いてくれる上、ヨガインストラクターとして活躍するための様々な相談に乗ってくれます。

そんなヨギー・インスティテュートで人気なのは、約3ヶ月という短い期間で集中してヨガインストラクターを目指して学ぶコースです。

ヨガインストラクターの資格を取得した後にもさらに学べる環境が整っていて、全ての生徒を手厚くサポートしてくれます。

価格(RYT200)
\430,500
学校数
13校
地域
札幌、大宮、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡
主な取得可能資格
RYT200、ピラティスなど

全国の主要都市に展開!初心者から通えるスクール

比較ランキング第5位は、YMCメディカルトレーナースクールです。

YMCメディカルトレーナースクールは東京・大阪・名古屋の三大都市に加えて横浜と仙台、福岡にも店舗のあるヨガインストラクター養成スクール。

ハワイにも校舎があり、短期留学としてハワイでヨガインストラクターを目指したレッスンを受けられます。

ハワイでの海外プログラムでは立地を活かしたならではのレッスンが行われ、例えば砂浜でヨガをする「ビーチヨガ」やサップボードの上でバランス感覚を養う「サップヨガ」などのレッスンがあります。

初心者からでも通いやすいのがYMCメディカルトレーナースクールの特徴で、これまでにヨガをしたことがない人でも1から丁寧に指導してもらえます。

実際にYMCメディカルトレーナースクールへ通っている人の半数以上は初心者からのスタートであり、安心してプログラムをスタートできます。

そんなYMCメディカルトレーナースクールは身体を健康に保ち、整えていくために必要な学問をトータルで学べる総合スクールです。

整体理論や骨盤矯正法も身につけられ、まさに「身体のプロフェッショナル」を目指せます

本格的にヨガインストラクターとして仕事をしたい人のための就職支援や卒業後のコミュニティも充実していて、ただ知識や技術を身につける以上のものを得られるでしょう。

価格(RYT200)
\357,000
学校数
6校
地域
東京、横浜、名古屋、大阪、仙台、福岡
主な取得可能資格
RYT200、ピラティスなど

健康ブームの現代はヨガインストラクターとして働くのに適した時代


おすすめのヨガインストラクター養成スクールを5つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

このあと、各スクールの特徴などを一覧にまとめたのでそちらも見てみてください。

その前に、少しだけ私の紹介とこのサイトを作った経緯などをお話できればと思います。

私は以前、ヨガインストラクターとしてスポーツジムで指導を行なっていました。

「開業したい」と考えたこともありましたが、いろいろな事情がありスポーツジムで正社員として働くことにとどまりました。

とはいえスポーツジムでヨガインストラクターとして指導ができたのは、人生においてとても大きな経験となり、今では大切な思い出となっています。

多くの人が「ヨガを仕事にできたら」と志しますが、「ヨガの資格を取るのは大変だ」と考えて諦めてしまう人もいます。

確かに以前はヨガの資格を取るためには海外留学が必要な時代もありました。

しかし、最近ではヨガインストラクターを養成するためのスクールもたくさんできていて、国内にいながらハイレベルな資格を取得できる環境が整っているのです。

また、一般層へのヨガの認知は年々高まっていて、近年の健康ブームによりその人気も上昇中です。

つまり、現代はヨガインストラクターとして働くのに最適な時代になっているのです。

「ヨガインストラクターとして働きたい」という人のために自分の経験を活かして有益な情報を提供できたらと考え、このサイトを立ち上げました。

スクールに通ってヨガインストラクターを学ぼう!

誰もがヨガインストラクターになるチャンスのある今だからこそ、通いやすいスクールで学んでその夢を叶えるべきなのです。

しかし、忘れてはいけないのが「ヨガは資格さえ持っていればいい」というものではないということ。

ヨガを仕事にするためにはただ資格を持っているだけではなく、生徒に信頼感を与え高品質な指導をできることが大切です。

つまりヨガインストラクターとして働くために重要なのは「ただ資格を取ること」ではなく「どのヨガインストラクター養成スクールで学んで資格を取るか」ということなのです。

ヨガインストラクターとしての技術や知識をみっちりと教えてくれるのはもちろん、ヨガをビジネスと捉え仕事にしていくためのノウハウを学べるスクールを選ぶ必要があります。

今回紹介した記事はランキングが上位になればなるほど「高品質な指導法とビジネスノウハウ」の両方を教えてくれるヨガインストラクター養成スクールになっています。

きっとあなたにぴったりのスクールが見つかりますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめのヨガインストラクター養成スクール情報一覧

さて、本サイトではおすすめのヨガインストラクター養成スクールを比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

イメージ1
2
3
4
5
会社名アヤボディアーキテクチャーFIRSTSHIP(ファーストシップ)ヨガアカデミー大阪ヨギー・インスティテュートYMCメディカルトレーナースクール
特徴国内初!ヨガアライアンスが発行する4つの資格を全て取得可能な認定校資格取得だけでなく、通信講座にてヨガの学習をすることも可能仕事としてヨガを行っていく上で欠かせない要素を総合的に学べるサポート制度や支援制度が充実しており、ヨギーの現場担当にもなれるWEB映像で実技授業の予習・復習ができるため、初心者でも通いやすい
価格(RYT200)\350,000円~\400,000円
※校舎によって異なる
\569,444~\410,400\430,500\357,000
学校数4校5校1校13校6校
地域東京、神戸、名古屋、福岡新宿、横浜、大阪、大宮、福岡大阪札幌、大宮、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡東京、横浜、名古屋、大阪、仙台、福岡
主な取得可能資格RYT200、RYS300、RYT500などRYT200、RYT500などRYT200、フェイシャルヨガなどRYT200、ピラティスなどRYT200、ピラティスなど
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

それぞれ人気のスクールで、資格取得はもちろんですが、インストラクターとしてのスキルを身につけることや、サポート面にも力を入れているスクールを厳選したので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各スクールの詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

おすすめのヨガインストラクター養成スクールは全て紹介したので、最後にヨガインストラクターを目指す人に知っておいてほしい情報をまとめました。

全米ヨガアライアンスの発行する資格にはどんな種類があるの?

先ほど、ヨガの資格として一般的なのは全米ヨガアライアンスの発行する資格だとお伝えしました。

全米ヨガアライアンスが発行している資格はいくつもあり、その中で最もベーシックなものが全米ヨガアライアンス認定200時間、通称RYT200です。

RYT200は認定スクールで200時間のプログラムを修了し、修了証書を得て申請ができるものです。

ヨガインストラクターとしての指導時間や指導経験は問われず、スクールを卒業さえできれば資格を取得できます。

そして、全米アライアンスが発行する資格の中で最高峰とも言われるのがRYT500と呼ばれる全米ヨガアライアンス認定500時間の資格です。

ヨガインストラクターとして幅広く活躍したいのであれば、このRYT500の資格取得を目指すのが有効です。

なぜなら、RYT200の登録者数に対してRYT500の登録者数は非常に少なくなっているからです。

スポーツジムやヨガスタジオで働きたいと考えてオーディションや面接を受ける際にRYT500の資格を持っていれば、それだけでヨガインストラクターとして十分な教育を受けたことを証明できるのです。

実際、RYT200を持っている人よりもRYT500を持っている人の方が就職率や開業率は高くなっています

つまり、ヨガインストラクターとして就職を目指す人も開業を目指す人も、RYT500はぜひ取得したい資格なのです。

また、全米ヨガアライアンスが発行する資格にはこれら2つ以外のものもあります。

例えば、RPYTと呼ばれる全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガの資格です。

マタニティヨガという名前からも分かる通り、RPYTは妊娠中の人や産前産後の人に対する指導に関して一定の能力を持っているという証明です。

また、RCYTという全米ヨガアライアンス認定キッズヨガの資格もあります。

RCYTは子供に対するヨガの指導ができるインストラクターという証明であり、これを持っているだけで活躍の幅は格段に広がります。

これら2つの資格はヨガインストラクターとして差別化を図るための武器となり、就職するときだけでなく開業するときにも大きな強みになるのです。

「ヨガを仕事にする」ノウハウを学べる養成スクールを選ぼう


さて、全米ヨガアライアンスの発行する資格にどんなものがあるのか理解したら、どのスクールで、どの資格取得を目指すのかを検討しなければなりません。

当たり前ですが、スクールによって指導方法やカリキュラムは異なります

どのヨガインストラクター養成スクールで学び、資格を取るかによって最終的なヨガインストラクターとしてのレベルは変わってくるでしょう。

同じRYT200という資格を持っているインストラクターでも、生徒からより信頼感を集められるインストラクターの方がビジネス的に有利なのはいうまでもありません。

また、どんなに指導力の高いインストラクターであっても「ヨガを仕事にする」ためのノウハウがなければ仕事として成立させられないかもしれません。

そこでおすすめなのはヨガをビジネスと捉え、仕事にして生きていくためのノウハウを教えてくれるスクールです。

さらに、実戦的なカリキュラムが導入されていて、実際の指導現場に近い雰囲気を味わえるような講座を受けられればヨガインストラクターとしての経験を積みやすくなります。

また、サポート体制が充実していて、就職支援や開業のためのアドバイスをしてくれるヨガインストラクター養成スクールならなお良しです。

どのヨガインストラクター養成スクールへ通うかによって、ヨガインストラクターとしての未来が変わってくると言っても過言ではありません。

くれぐれも「料金が安かったから」などの安易な理由で決めてしまわないように気をつけましょう。

養成スクールは通いやすさも重要!期間の定めがないところがおすすめ

指導内容から養成スクールを選ぶのはもちろん、通いやすさを重視することも大切です。

ヨガインストラクターの勉強をする講座には期間が定められていることが多く、「規定の日から講座を受講して1日でも欠席したら資格が取得できない」という場合もあります。

しかし多くの人は仕事や家事・育児が忙しく、そう簡単にはまとまった期間を用意できないものです。

そんな時に選びたいのは期間の定めがないヨガインストラクター養成スクールです。

例えばランキング1位のアヤボディアーキテクチャーなら受講猶予が3年に設定されていて、その期間中は「いつから」「どのくらいの頻度で」通うかなどを自分で自由に決められましたね。

こういったシステムのヨガインストラクター養成スクールを選べば、忙しいスケジュールの合間でもヨガインストラクターを目指して勉強ができるはずです。

それ以外には「短期集中型」のヨガインストラクター養成スクールも存在しているので、「短い期間で資格を取りたい!」と考える人はそちらを検討してみてもいいかもしれません。

1番大切なのは「ヨガを楽しむ」ということ


ヨガを仕事にしていく上で1番大切なのは、「ヨガを楽しむ心を忘れない」」ことです。

「ヨガでご飯を食べていくのなら徹底的に学んで資格を取り、人気を出さないとダメだ」と考えがちですが、本当にそうでしょうか。

「ヨガを仕事にしたい」と考えたきっかけは、ヨガが楽しかったり興味を持っていたりしたことである人が多いはず。

ヨガインストラクター養成スクールでヨガを学んで資格を取った後には、必ずしもインストラクターにならなくてもOKなのです。

なぜなら、ヨガに関連する仕事は意外とたくさんあるのです。

例えばヨガの情報を発信する仕事もありますし、アパレルとしてヨガのウェアを販売する仕事もあります。

インストラクターでなくとも養成スクールで学んだ経験は必ず生きてきます

つまり、ヨガインストラクター養成スクールはただ資格取得を目指す場所ではなく、ヨガを楽しみ、より深く知るための場所であると考えることが大切です。

ヨガインストラクターを目指す人でなくとも「ヨガについてもっと知りたい」と感じるのなら養成スクールへ通うメリットは十分にあります。

ヨガを楽しむことを忘れず、安らかな心でヨガライフを送りましょう。

 

記事一覧

身体のことに興味が出てくると、ヨガを始めたいと考える人もいるかもしれません。 ヨガをより深く知るために本格的に ・・・[続きを読む]
ヨガインストラクターを目指すなら、養成スクールで資格を取得することは必要です。 実際のところ、趣味から枠を越え ・・・[続きを読む]
ヨガのトレーニングを積み重ねて、ヨガが以前にも増して好きになりヨガインストラクターになりたいと考えている方もい ・・・[続きを読む]
ヨガのインストラクターの国家資格は存在しませんので、誰でもヨガのインストラクターになることは可能です。 しかし ・・・[続きを読む]
ヨガ教室ではヨガインストラクターが講師をしてくれますが、自分でも教室を開講したいと考える人がいるかもしれません ・・・[続きを読む]
海外セレブや有名モデル、国内で活躍をする有名人にもヨガをする人が多いですが、一般人でも関心を持ち始める人は増え ・・・[続きを読む]
ヨガは独特のポーズと呼吸、瞑想によって心身ともに健やかな状態へと導いて行くメソッドですが、どんな方でも無理なく ・・・[続きを読む]
ヨガは女性を中心にダイエット目的や美容目的、運動不足解消などさまざまな目的を持って取り組む方が多く人気が高まっ ・・・[続きを読む]
お稽古ごとの中でも圧倒的な人気を誇っているヨガですが、インストラクターを目指す方も多くいて、RYTとよばれる全 ・・・[続きを読む]
ヨガインストラクターに興味がある人は専門的に学習したいと考えることもあるかもしれません。 快適に学習するために ・・・[続きを読む]
ヨガインストラクターを仕事とするには資格を習得する必要はありませんが、本格的なビジネスとしてやっていくには資格 ・・・[続きを読む]
最近では美容や健康の為にヨガに興味を持つ人が増え、同時にインストラクターを目指す人も増加しているようです。 し ・・・[続きを読む]