口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ5選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

体が硬くてもヨガインストラクターになることはできる?

体が硬いとヨガの指導者は難しいと感じてしまいますが、そんな人こそ向いている仕事です。

ヨガインストラクターを目指すことで生徒さんにも教室にとってもかけがえのない存在となるかもしれません。

ここでは、体が硬い人でも指導者になれるのかについて解説していますので、悩みもすぐに解消できるでしょう。

 

体が硬くてもヨガの指導者になれる?

ヨガでは様々な姿勢をとることから、どうしてもある程度の柔軟性は必要になります。そんなヨガを教えている指導者になりたいけど、自分は柔軟性がないから、なるのは難しいのではと不安な人もいるでしょう。

結論から言うと、柔軟性がなくても指導者になることはできますし、そんな人だからこそ指導者に向いているとも言えます。指導者になるためには、習う人の前で様々な姿勢をとる必要があり、日頃から柔軟性を高める努力は必要になります。

ただ、どんなに体が硬い人でも努力をすることで、様々な姿勢ができるようになります。そして、その努力こそが指導者に向いている理由です。その理由を具体的に説明していきます。

 

なぜ柔軟性がない人が向いているのか

教室に通ってくる人たち中には、上級者がする難しいヨガを習いにくる人もいれば、「硬いから柔らかくしたい」、「美容に良いからと聞いたからヨガを習いたい」、「柔軟性を高めて疲労回復をしたい」など、通う理由は様々です。体が硬い指導者にとって、高い柔軟性を必要とする難しい姿勢を教えるのは難しいかもしれません。

しかし多くの通ってくる人たちが、そんな難しい姿勢をしたいのではなくて、基本的な姿勢さえ学べばいい、柔らかくなればいいと考えています。前屈もできないと悩みを持っている人いて、元々柔軟性がない指導者は、その人の悩みも理解しやすいです。

前屈もできないような人の悩みも理解しやすい点が、体の柔軟性がない指導者に向いている理由です。元々柔らかかった人は、硬い人の気持ちは理解するのが難しいです。

しかし、体が硬い指導者は、容易にそんな人の気持ちも理解することができます。指導者にとって大切なのはただやり方を教えるだけでなく、その人の気持ちも理解し、一人一人にあった指導をしていくことです。柔軟性がなかったことで、そんな指導もできるスタッフになることもできるでしょう。

 

初心者に教えられる人ほど人気が高い?

最近ではヨガ教室も増えてきていますが、ヨガは初めての人にとって、自分でも本当にできるのかと不安を感じている人も多いです。体が柔らかい人なら、指導員が前で姿勢をするだけで、それを見て容易に同じ姿勢をとることもできるでしょう。

しかし、そんな柔らかい人なら、書籍やネット動画など見てもできるため、教室に通わなくても自分でヨガを学ぶことも可能です。ヨガ教室に通ってくる多くの人が、自分ではできないため教室に通って習いたいと考えています。

そんなヨガ教室では、初心者の気持ちも分かり、初心者向けの指導ができる人ほど人気となるでしょう。難しい姿勢はとれなくても、初心者向けの姿勢ならできる、教えられる指導者は需要も高いと考えられます。

その上で、ある程度の柔軟性を得られた経験からわかりやすく指導することもできるので、習う人から信頼も得られて人気の指導者にもなることも可能となるでしょう。自分には柔軟性がないと指導者を諦めるのではなく、努力をして、同じ悩みを持っている人でもできるヨガを指導できるような指導者を目指してみてはいかがでしょうか。

 

ヨガの指導者を目指すためには、体の柔軟性は必須条件となります。しかしこの柔軟性は努力次第で誰でも手に入れることができます。その努力は、指導者としてかけがえのない経験となるでしょう。

苦労するほど、同じ悩みを持った人の気持ちもよく理解できて、自分と同じ柔軟性がない人にヨガの魅力を教えられるようにもなります。そんな指導者は通ってくる人たちから信頼を得られて人気者になれますし、習う人たちだけでなく、教室からもかけがえのない存在ともなります。

サイト内検索
記事一覧