口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクター養成スクールの後は派遣でキャリアを積む

ヨガインストラクターを目指すためには、ヨガインストラクター養成スクールは卒業したほうがいいのでしょうか。ここではスクール卒業のメリット、キャリアを積み重ねていく手段、派遣の魅力などについて説明しています。どのような仕事においても最初からプロの人は存在しません。地道にスキルを磨いていくことが、プロになるための近道です。

なぜ養成スクールを卒業したほうがいい?

ヨガの技術を身につけて人に教えたい人はヨガインストラクター養成スクールに入学するのがおすすめです。スクールでは実践的なノウハウを学習できますし、資格を取得するためにも役立ちます。国家資格は存在しませんが、全米ヨガアライアンスの発行資格を所有していれば信頼性はグンとアップするでしょう。

資格はあって困るものではなく、特に就職するときに有利になります。ヨガ未経験者OKの職場はありますが、やはりスクール卒業と資格所有という証明があったほうが有利なのは間違いありません。

複数の資格をまとめて取得しておけば、ライバルに差をつけられます。どんなにやる気があっても、求人応募の段階ではそれを完璧に伝えることは難しいです。採用試験では周りと比較されて選出されますので、スクールを卒業したほうが確実に採用率は高くなります。スクール卒業や資格取得は目に見える実績になりますので、書類選考や面接などでも有利になるのです。

スクール卒業後はどうやってキャリアを積む?

ヨガインストラクター養成スクールを卒業しても、まだプロと言える段階ではありません。実際の現場で活躍できるようになって本当のプロになれるのです。スクール卒業後は大手のヨガスタジオに正社員として就職する人もいますが、ほかにも派遣でキャリアを構築していく方法もあります。

派遣の場合は短期の契約になりますので、さまざまな職場を経験できるメリットがあります。大手スタジオだから失敗ないとは言い切れませんし、規模が小さくても働きやすい職場はあるのです。

派遣の立場でさまざまな職場を体験していけば、幅広い知識と技術が身につくでしょう。ヨガを習いたい人は実にさまざまな目的を持っていますので、一人ひとりの目的に合わせるためにも総合的な知識と技術が必要になります。また多くの職場を体験することにより、自分のスタイルも確立されていくでしょう。プロになるためには最初は真似を徹底し、実績を積んでから自分のスタイルを決めていく方法が早道です。

派遣という働き方にはどのような魅力がある?

派遣の求人応募ではパートやアルバイトの場合よりも高スペックを要求されます。パートやアルバイトだと見習いOKの職場がありますが、派遣は基本的に即戦力を求められると考えてください。それゆえ時給が高く設定されており、要求されるスキルや責任感などが大きくなるのです。

ヨガインストラクター養成スクールには、圧倒的な資格取得率を誇っているスクールがあります。4つの資格をまとめて取得できるところもあり、派遣でキャリアを積みたい人にとって最適な環境です。現場でヨガインストラクターとして活躍しようにも、採用されなければ意味がありません。

派遣という働き方は人間関係の悩みを感じることが少ないメリットもあります。原則として短期間の契約になりますので、人間関係が複雑化する前に他の職場に就職できることが多いからです。職場の派閥にも巻き込まれにくいなど、正社員にはない意外なメリットがあります。ヨガスタジオは派遣でキャリアを積んだ人に対しても、正当に評価してくれる傾向があります。

 

ヨガインストラクターになりたい人は、ヨガインストラクター養成スクールで資格を取得しましょう。就職前にスクール卒業という実績を作っておくと採用率が高くなるからです。その後は派遣でコツコツとキャリアを積み重ねていき、自分なりのスタイルを決めていく方法がおすすめです。

サイト内検索
記事一覧
おすすめヨガインストラクター養成スクール