口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクターになるならヨガアライアンス認定の養成校へ


ヨガインストラクターを目指す際には、時間と学費を無駄にしないことが大事です。そのためには、教え方を正しく学べるコースを選ぶ必要があります。インストラクターとして教え方がわからなければ、実戦の場では役に立たないからです。ヨガアライアンス認定の養成校であれば、ヨガインストラクターとして役立つ教え方が学べます。

指導法などのスキルを取得できる

ヨガインストラクターの養成コースの中には、ティーチングスキルを学べないコースも少なくありません。ヨガの練習などをしてリラックスはできますが、それだけに留まってしまうものです。海外などで開催される短期のヨガトレーニングの多くは、単なるヨガによるリラクゼーションが提供されるだけです。

ヨガのトレーニングを受けて成長するものの、誰かに教えるスキルまでは身につけられません。インストラクターとして独り立ちするには、指導法などのスキルを取得することが肝心です。そうしたスキルを取得できるコースを見つけるには、ヨガスタジオやヨガスクールに問い合わせるのが選択肢の一つです。

そこには卒業生の資料が残されており、実際にインストラクターとなった割合などを知ることができます。実際、ヨガアライアンス認定の養成校は多くの卒業生を排出しており、全国でインストラクターとして活躍しています。同校の卒業生は独自のネットワークを築いており、新たなインストラクターの受け入れにも積極的です。

指導チームによる強固な指導体制

ヨガインストラクターの養成コース選びでは、優秀な講師陣が在籍していることが大事なポイントです。ヨガアライアンス認定養成校の講師陣は指導チームを形成しており、強固な指導体制を構築しています。一人の指導者が生徒全員をみるのには限界があるので、複数講師による指導体制が理想的となります。

とくにヨガインストラクターの世界は1対1で教える面が強いので、講師と生徒とのコミュニケーションが重要になります。養成校の生徒はヨガの方法を学ぶだけでなく、ヨガを教える方法を学びに来ています。生徒はそれぞれ異なるバックグラウンドを持っており、ひとりひとりに合った指導法が求められます。

それゆえ、多様な講師陣を揃えておくことは、指導体制としては不可欠な要素だといえます。生徒の立場になって考えてみても、同じ講師から毎回指導を受けるよりも、複数の講師から指導を受けた方がモチベーションも上がるでしょう。何よりも集中力が高まるので、受講の効率性がよくなります。

経験豊富な講師と少人数制が特徴

ヨガアライアンス認定養成校の講師は、いずれも経験豊富な人材が揃っています。ヨガインストラクターを養成する上では、指導中に起こり得る事態を想定することも大事です。ヨガ教室にはさまざまなタイプの生徒が通ってくるので、人間関係のトラブルなども起こりやすいものです。インストラクターは、そうした事態にも対処が求められます。

人間関係などのトラブルは、経験が豊富でないと対処できないものです。経験豊富な講師であれば、インストラクターとしての振る舞い方を教えることができます。

ヨガは古来より少人数で伝授されてきたものですが、西洋化の波によって大規模なクラスが誕生するようになりました。とくに健康・美容目的のホットヨガなどは、その典型的な例だといえます。

一方、本当のヨガインストラクターの養成校では、現在も少人数制が重視されているものです。ヨガアライアンス認定養成校の場合も、講師と生徒の割合が10対1以下に抑えられています。

 

ヨガインストラクター養成コースを選ぶ際には、よい施設とよい環境がポイントとなります。とくにレッスン環境が重要で、少人数制のコースがよいわけです。ヨガアライアンス認定養成校のコースは、少人数制が揃っていて安心です。

サイト内検索
記事一覧