口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクターのスタイルによって養成コースが異なる


普通の社会人やOLの女性が、「ヨガインストラクター」となった例は少なくありません。彼女達はそれだけ真摯にヨガの基礎を学び、インストラクターの資格を得ています。初心者でもヨガインストラクターの養成コースを受け、インストラクターになること自体は可能です。ではヨガインストラクターの養成コースとはどのような内容なのでしょう。

目指すならヨガインストラクター養成学校を受けるべき

ヨガインストラクターになるためには、特別な資格は必要ありません。ですが将来、養成学校などに勤務しインストラクターとして活躍したいのであれば、実力を示すために資格が必要となります。ヨガインストラクターを目指すのなら「養成学校」に通うことをおすすめします。

スポーツジムやフィットネスジムの教えるヨガレッスンは、あくまで「日常的にヨガを楽しみたい」スタイルの人向けの講義です。教えるスタイルが異なりますから、最初からインストラクター養成コースを選ぶようにしましょう。養成学校は、ヨガ団体の主催する養成学校やコースが存在し、自分にあったスタイルを選ぶべきです。

ヨガインストラクターは、ヨガが得意というだけでなれるものではありません。ヨガインストラクターは哲学や歴史といった知識面や、筋肉にどう作用するかを把握する解剖学まで身につける必要があります。体を動かすことはもちろんですが、インストラクターにはさらにその上に理論などを身につける必要があるのです。

安心できる資格は「全米ヨガアライアンス」

独自のヨガを体得し、日本に広めたいという人でない限り、ヨガの実力を示すためにも資格が必要となります。現在はヨガインストラクターの公的資格はありません。民間の資格では「全米ヨガアライアンス」が最も信頼されています。1990年に設立されたヨガ団体で、この資格は国際資格として認定されますから、ヨガインストラクターとして充分な実力があると認められた証でもあるのです。

これを目指すのであれば、インストラクター養成講座に「全米ヨガアライアンス取得可能」と記載されているコースや、「全米ヨガアライアンス資格」取得サポートを行っている養成学校を選びましょう。

このヨガインストラクター講座は非常に内容が充実していることが知られており、ポーズだけではなく実践や指導の技術・哲学といった学問まで学ぶことができます。200時間のカリキュラムをマスターすることで「全米ヨガアライアンス」を習得することが可能です。カリキュラム時間がしっかりと決められているのも、わかりやすい部分といえるでしょう。

インストラクターになるためにおすすめのスクール

ヨガインストラクターを目指すとなると、どのスクールでどのコースを選ぶかをしっかりと考える必要があります。まずは「RYT200」という「全米ヨガアライアンス」資格を取得できるコースを選ぶことをおすすめします。「RYT200」とは200時間のカリキュラムを習得できるヨガ資格で、ヨガインストラクターとして独立するときにも国際資格として役立ってくれます。

これをふまえてから、養成学校を選択していくのです。この時にはどんな講師が教えているのか、カリキュラムの内容は、講義の振替制度などは整っているのか、就職のサポートがあるのかなど、多くのチェックすべきポイントがあります。

自分の生活スタイルでどれが最も大切な要素になるのかを見極めて、養成学校を選びましょう。資料請求などを行って比較と検討を行うことも大切です。気になるスクールやコースがあれば、見学にも足を運んでみましょう。肌が合うと感じたスクールであれば、通いやすいことが多いものです。

 

ヨガインストラクターの養成コースは、何時間ものカリキュラムを受け座学も必要です。なりたいという気持ちが強ければ、丁寧にカリキュラムをこなし憧れのインストラクターになることができます。まずは学校探しから始めてみましょう。

サイト内検索