口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

緩やかな動きで妊婦さんの負担軽減!マタニティヨガの効果とは?


妊娠を機に、腰痛や肩こりなど、以前はなかった体の不調を感じたことはありませんか?貴重なマタニティライフは、できるだけ心地よく過ごしたいですよね。そこでおすすめなのが、「マタニティヨガ」です。ここでは、マタニティヨガの効果や注意点をご紹介していきます。体の不調でお悩みの妊婦さんは、ぜひ参考にしてください。

マタニティヨガとは?

そもそもマタニティヨガとは、他のヨガと何が違うのでしょうか?マタニティヨガは、その名の通り妊婦さんの心と体を心地よくするヨガです。

お腹の赤ちゃんに負担をかけないため、うつ伏せなどのお腹を圧迫するポーズはせず、妊娠中の体でも行うことができるのが大きな特徴になります。また、妊婦さんでも無理なく行えるように、ゆったりとした呼吸でポーズをとるため、ヨガが初めての方や体が硬い方、運動不足の方にもおすすめのヨガです。

マタニティヨガの効果

他のヨガよりゆったりとした動きをするマタニティヨガは、一体どのような効果があるのでしょうか。

妊娠中の体の不調の緩和

マタニティヨガの効果としてまず挙げられるのが、妊娠中の体の不調の緩和です。妊娠中は、腰痛や肩こり、頭痛などに悩まされる方が多いでしょう。お腹が圧迫されることで便秘になってしまったり、足がむくんでしまう方もいます。マタニティヨガでは、そんな妊婦さん特有の体の不調を緩和するためのポーズを多くとります。

出産するための体づくり

マタニティヨガで骨盤底筋という筋肉をストレッチすることで、出産時に赤ちゃんがスムーズに産道を降りてきやすくなるという効果もあります。また、マタニティヨガの呼吸法が、陣痛がきたときの呼吸に役立つこともあるでしょう。

出産・育児に向けた体力や筋力づくり

妊婦さんは、赤ちゃんを出産して終わりではありません。その後は育児という大仕事が待っています。そして出産も育児も、体力勝負です。産後は忙しく筋トレができるわけでもないので、妊娠中の今、出産と育児に耐えられる筋力をつけることが大切になってきます。マタニティヨガは、妊婦さんが体に筋力をつけるのに最適です。運動不足になりがちな妊娠中ですが、そんなときだからこそ、マタニティヨガで体力と筋力をつけましょう。

リラックス効果

マタニティヨガのみならず、ヨガ全般にいえる最大の魅力が、体を動かしながらリラックス効果を得られるということです。妊婦さんは、赤ちゃんを迎えることが楽しみな半面、育児をちゃんとできるのか不安に陥ってしまう方も多いでしょう。そんなときにマタニティヨガで体を動かすことで、自分の今の体と向き合い、リラックスすることができます。

マタニティヨガをやる上での注意点

マタニティヨガは、赤ちゃんに負担をかけないようにするヨガです。しかし、必ずしも妊娠してすぐにマタニティヨガのレッスンを受けてもいいというわけではありません。マタニティヨガのレッスンは、たいてい妊娠16週頃から受けることができるというヨガスタジオが多いです。

ただし、ヨガの呼吸法やゆったりとしたストレッチは妊娠初期からすることができ、妊娠初期から受けられるマタニティヨガのレッスンもあります。妊娠初期からマタニティヨガをしたいという方は、妊娠初期に合った内容のマタニティヨガが受けられるスタジオを探してみてください。

ここで注意点があります。それは妊娠初期でも、妊娠16週以降でも、必ず主治医の先生に許可をとるということです。実際に多くのヨガスタジオで、主治医の許可がレッスン受講の条件としています。赤ちゃんが元気なこと、妊婦さんの体調も順調なことを確認したうえで、マタニティヨガのレッスンに参加するようにしましょう。

 

マタニティヨガの効果や注意点をご紹介しました。妊娠すると、女性の体や心は驚くほど変化します。今までなかった不調を感じたり、心が不安定になってしまったり、自分の体なのに、どうしたらいいかわからないと悩む妊婦さんも多いでしょう。そんな妊婦さんはぜひ、マタニティヨガに挑戦してみてください。マタニティヨガを通して、体の不調が改善され、幸せな気持ちでマタニティライフを送れますように。

サイト内検索
記事一覧