口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクター養成スクールの講座の流れとは?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/11

民間のやっている資格の中でも人気が高いのがヨガインストラクターになり、一定期間の受講をすることによって資格を得ることができます。

ヨガ協会にはいろいろありますが、受講する流れなどはそんなに変わることがないので自分に合ったところを選ぶことがベストといえます。

神秘の働きがある体について学ぶ

ヨガインストラクターになるためには養成講座に通うことになりますが、最初に覚えないといけないのは「人体」についてです。人間の体というのはすでにたくさんのことがわかっていますが、まだまだ医学的にもわかっていないことが多く神秘のベールに包まれています。

勉強するのに基本となるのは筋肉になり初心者が入りやすい項目となっていることや、専門的な動作の基本を覚えることで人間の体についてわかりやすいです。筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルがあり、アウターマッスルは大胸筋や大腿四頭筋、ハムストリングなどの目にすることができる筋肉でわかりやすいといえます。

反対にインナーマッスルは筋肉の深層にあるために見えない筋肉で、動かしながら確認することが難しいので教科書で覚えることが必要になります。筋肉の他にも内臓の働きや生理機能も含めて覚えていくので、普段の生活から健康について考えるようになり詳しくなることができます。

しかし、これらの筋肉を覚えることによってヨガインストラクターになるための基礎を覚えることができ、専門家として養成されるには必須項目です。

知識と正しいアライメントを覚える

養成講座を受講していると専門的に筋肉を覚えていき、実践的な情報としてヨガに必要なアライメントを覚えなくてはいけません。アライメントとは姿勢のことをいうのですが、これが間違っているとヨガとしての機能を発揮することができないだけではなく、筋肉や腱を痛めることにも繋がってしまいます。

そうならないように基本的なアライメントを覚えていくことで、安全性も増して自分でも実践できるようにしていくことがヨガインストラクターには必要な要素です。専門的なことを習うことができる養成講座では、ペアを組んでお互いにアライメントを修正していくことで、ヨガのポーズがどのような姿勢になっているのかがわかってきます。

また自分でできるポーズと心地よいと感じるポイントなどもわかってくるので、自分がヨガインストラクターとして活動するときにはアドバイスもしやすいこともメリットです。

資格を取得してからの活動の仕方

ヨガインストラクターとして養成講座を受講して資格を得ると、次の流れとしては仕事として働くことを考えることになります。仕事として働くにはまず自分のライフスタイルを確認することから始まり、副業として働くことになるのか本職として働くのかを選ぶことで時間や頻度などが決まってきます。

そうすることでヨガインストラクターの職場を選ぶ際に参考になりますので、しっかりと家族の了承を得たライフスタイルを考えて仕事のやり方を構築することです。資格を得たスクールでも職場の斡旋をしてくれるところがほとんどですから、どのようなタイプで働くことができるのかを相談することもできます。

働きながらスキルアップをして次のステップとして独立して自分のお店を持つことも可能ですから、将来のビジョンを作ることがモチベーションにも繋がってきます。

 

ヨガインストラクターになるために養成講座に通うと、流れとして基本の筋肉などの知識を付けることが大事になり、自分の体を意識して覚えていきます。またアライメントも含めた実践的なことも習っていくために、姿勢を意識してどのような感じになるのかをパートナーと一緒になって習います。

資格を取得した人はライフスタイルをベースにどのように働くことができるのかを考えて、将来的な独立を考える人はモチベーションにも繋がっていくことができます。

サイト内検索
記事一覧