口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクターの資格取得率はどれくらい?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/11

ヨガといえばインドのイメージを持つ人が多かったかもしれませんが、今や日本でも流行しているものです。

もし自分が講師をやってみたい場合、インストラクターの資格などがあったほうが良いですが、資格取得率は一体どれぐらいでしょうか。

資格取得率は比較的高いのが特徴

将来的にヨガインストラクターになりたい場合には、2つの道があります。

1つは、どこかのお店に属してずっと雇われる状態を維持することです。もう一つは自分で独立をすることです。ただいずれにしても最初は人に雇われながら学んでいくのが良いでしょう。

このときに気になるのは、ヨガのインストラクターの資格取得率になります。資格取得率が低ければ、特に資格のことを意識する必要はそれほどないでしょう。なぜなら、それほど重要なものではないと認識できるからです。

ところが、資格取得率が高ければそれだけ資格を取得することが重要になることがわかるはずです。ふたを開けてみると、独立している人の資格を取得している確率はほぼ100%といえます。

何故かと言えば、資格がないとそもそもお客さんから信用されないからです。もちろん探せば、資格を所有していない人もいるかもしれません。しかしながら、これからお店を開くと言うときにどれだけ信頼されるかが重要になりますが、このとき資格を取得していなければ信頼される確率が減ることがわかるでしょう。

独立しない場合にはどれぐらいの取得率か

ヨガインストラクターになる場合でも独立を意識していない人も多いでしょう。やはり独立をすると、その分たくさんお金は入ってくる一方で責任が伴うからです。

それだけでなく、うまくいかなければ赤字になってしまい借金を背負うようなことも考えられます。このように考えれば独立するだけが全てではないことが理解できるでしょう。もし、ヨガインストラクターの資格を取得しておけば、それだけ就職するときに採用される可能性が高くなります。そのため時間をかけて資格を取得する人も少なくありません。

ちなみにヨガインストラクターになるためには資格は絶対条件ではありません。近くを持っていなくても仕事をすることができますが、やはりお客さんから信頼を得るためには、持っておいたほうが良いものといえます。資格といっても医者になる場合のように国家資格があるわけではありません。民間の資格になりますのでそこまで難しいものではないのです。

インストラクター養成の学校に入る場合

本格的に独立する場合や、ヨガのインストラクターとして雇われたい場合には、資格を持っておいたほうが良いですが、独学で取得するのはなかなか難しいです。では、どのように取得したら良いかと言えば専門学校に行き取得するのが良いでしょう。

専門学校に行く目的は、ほとんどの人が将来的にヨガの講師として生計を立てることです。そのためには、およそ400時間位の勉強をインストラクターの養成スクールで学ばなければなりません。

では、専門学校に入っている人の中で近くの取得率はどの程度になるかが問題になりますが95%を超えているところが多いです。そもそも、そのために400時間から500時間勉強していますので当然と言えば当然です。

それだけでなく、実際に試験を受けてもそれほど難しいものではありません。そのため、普通に通っていれば大抵の人は合格することが可能です。

 

ヨガのインストラクターになる場合には、資格取得をしておいたほうが良いですが、その取得率を見ると100%近くになります。実際に独立している人などは持っていない人がいない位でしょう。

なぜ資格が必要かと言えば、やはりお客さんから信頼される確率が高いからです。結果的に集客率にも影響を及ぼすと言っても過言ではありません。君に、独学で取得するよりも専門学校や養成所に行き資格を取得するのが一般的な考え方になっています。

サイト内検索
記事一覧