口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクターに向いている人はこんな人!目指すなら養成スクールへ

筋トレブームもさることながら、ヨガのブームもきています。ホットヨガなど室温の高いところで行うエクササイズは特に女性に人気ですし、ヨガインストラクターの資格を取得すればそれを手に職として生かすこともできます。ヨガインストラクターに向いている人はどんな人なのかでしょうか。

ヨガインストラクターに向いている人の特徴!

とにかくヨガインストラクターに向いている第一の条件はヨガが好きな人・体を動かすことが好きな人です。教える立場になるときに、そのもの自体に興味や関心をもっていなければ深めていくこともできませんし、それを教えることは難しいです。

ヨガインストラクターになるならば、一生を通して携わっていけるような興味を持っている方がおすすめです。もちろんお手本として生徒さんに見せなければなりませんので、体がやわらかく呼吸法などもマスターすることが必要です。ある程度の実力も兼ね備えていないと、生徒さんはついてきてくれません。

ヨガは解脱という意味合いもありますし、あらゆる束縛から解放されることを求める修行ともとらえられます。それにはまったことがある方であればわかると思いますが、継続していくことにも意味がありますし、ヨガに対しての興味をもちトレーニングなども継続してできる方というのが向いています。

一度本当に向いているのか向き合ってみて、やってみたいと思った時には養成スクールに通うとよいでしょう。

柔軟性がある人はヨガインストラクターに向いている!

ヨガに興味はあるし、自分も資格をとってインストラクターになりたいと思ったところで、体が硬い方というのはそこからかなり訓練も必要です。

もともと硬かった方も、ヨガを毎日行うことで柔らかくなり柔軟性も手に入れることはできるかもしれません。しかし子供の時から、また体質的に体が柔らかいというのは一つのメリットとして大きくあげられます。

ヨガインストラクターになるには、体幹が必要なポージングなどもありますが基本的には柔軟性が求められます。からだを柔らかくするエクササイズというとまた違う考え方になるかもしれませんが、ダイエットや健康志向を高めるという目的で利用されている方もいますし、それを考えた時にインストラクターの体の柔軟性は非常に重要です。

お手本となって生徒さんに見せることになりますし、そんなインストラクターの体が硬かったら説得力がありません。養成スクールでは基礎から教えてくれますし、自分のスキルをアップするのに向いています。

人に教えることが好きな人はインストラクターとして最適

人に何か物事を教えるということが好きな人は、インストラクターという職業に向いています。ヨガと特定するのであれば、もちろんヨガをするにあたって柔軟性もある程度必要ですし、ヨガに興味を持っていて努力する事が出来なければなることは難しいです。

それにプラスして人に教えることが好きな方、また努力をしていればそれをできない人にも伝える事が出来るという点で、インストラクターに向いているといえるでしょう。努力を惜しまず、生活習慣も安定していて体系維持が出来る人もおすすめです。自己管理がきちんとできていない場合、体つきもたるんできたりします。

見た目でも憧れるようなボディを持っていれば、生徒さんへの説得力にもつながりますし、インストラクターになるのであれば体系維持は必要不可欠です。常にからだを動かすことが好きで、自分の体づくりにも興味を持てる方にとっては、ヨガもその一つの要素として取り入れていければ一石二鳥といえるでしょう。

 

ヨガインストラクターは今需要も高いですし、興味がある方は養成スクールに通ってみるとよいです。基礎的なことから教えてもらえますし、指導スキルもアップさせることが出来ます。向いている人、向いていない人もいますがチェックしてみてください。

サイト内検索
記事一覧
おすすめヨガインストラクター養成スクール