口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクター養成スクールは分割払い可能?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/23

ヨガインストラクターの養成スクールでは、目指す資格を取得するためのカリキュラムが組まれています。

指導者もプロのインストラクターばかりで、それなりに受講料も取られるようですが、分割払いという支払方法が採用されていれば無理なく始められます。

受講料は分割で支払いができるのか

養成スクールで取得できる資格はいくつもあり、その中でもっともベーシックなものが全米ヨガ協会認定のもので、通称RYT200です。認定スクールで200時間のプログラムを修了すれば修了証書が授与され、それを申請することでヨガインストラクターとして有意義に活躍できます。

ヨガインストラクターとしての指導時間や経験を問われないので、卒業さえできれば資格取得できるため、説明会に参加する人は年々増えています。この「RYT200」の受講料を基準に費用を比較してみれば、平均して35万円から40万円という決して安くはない費用の負担もあるようです。

ここで誰もが気になるのは支払方法でしょう。国家資格ではないため、助成や援助、特待生への優遇制度などはありませんから、分割払いができるのならば利用しない手はありません。多くの場合、銀行振込・クレジットカード・学費ローンという支払方法が選択できます。注目すべきは学費ローンで、分割払いを可能にしています。

とある認定スクールでは、説明会参加後、エントリーしたら学費ローンの案内を送ってくれるようです。ローンですから、ボーナス払いなども可能で、所定の審査を通過すれば契約という流れになります。

通信と通学のどちらも分割払いができる

設立から1万人以上の人がヨガインストラクターの資格を取得している、そうした実績を持つ養成スクールでは、通学だけでなく通信講座でも学習ができる受講スタイルを展開しています。通信講座ならば料金は1割近く割安で、ライフスタイルに合わせて選んでみてもいいかもしれません。

これからヨガインストラクターを目指す人だけでなく、資格保有者にとってはビジネス講座などにより、もっと成長することも可能です。ここでは、規定コースの設定ではなく、それぞれの講座ごとに受講料や期間が指定されているシステムです。受講料も異なりますが、「RYT200」ならば、総額41万400円です。

口コミ評価の高い養成スクールを比較してみれば、35万円から40万円が平均で、高く感じる人も少なからずいるでしょう。しかし、いずれの拠点も駅近という好立地で、通いやすいさがウリです。通信制と同様、交通費の負担も少ないはずです。

また、養成スクールでは技術や知識はもちろん、ビジネス面でいえば、開業支援も担い、経営・運営のノウハウを学べる魅力さえあるので、決して高くはない料金ですし、分割払いで負担は軽減します。

30回払いなどができるベーシックな資格

全米ヨガ協会から発行される4資格をまとめて取得できるヨガインストラクター養成スクールでは、月々6,600円から資格取得ができます。分割払いが可能となる養成スクールは多く、「RYT200」資格講座であれば、月々1万500円の36回払い月々1万2,000円の30回払いなどで受講できます。

ちなみに、入学金や教材費もなく、受講項目とは別の有料講座を受講しなければならない条件付きということもなく、明瞭会計が評価されています。もちろん、サポート体制が整っていれば、資格取得率も高まる結果ですから、質問指導や個別学習サポート、開業支援サービスなどもしっかり比較してみましょう。

分割払いができない場合でも、公式ホームページからの受講申し込みで割引をしていたり、キャンペーンを随時開催していることもあり、特典をチェックしてみるのも一法です。

 

ヨガインストラクター養成スクールは、民間支援でもあるため、費用の負担が気になる点です。卒業すれば必ず資格が取得できるため、通い始める人は増えています。もっともベーシックなヨガ資格では、平均35万円台というように、安くはない費用の負担がありますが、分割払いも検討できます。

ムリすることなく学費ローンを組むことで、1種類だけではなく、いろいろなヨガの資格を取得することまでができます。そのためのローン審査をまずは受けてみましょう。

サイト内検索
記事一覧