口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ5選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクター養成スクールで取得できる資格


最近では美容や健康の為にヨガに興味を持つ人が増え、同時にインストラクターを目指す人も増加しているようです。

しかし、プロのインストラクターになるならば、目に付いた適当なスクールでヨガを学ぶのではなく、きちんとした認定資格の取れる学校へ通わなくてはいけません。

ヨガのライセンスや、スクールで取得できるライセンスについてご紹介いたします。

 

何故ヨガインストラクターになりたいのか

はじめに、ヨガインストラクター養成スクールを探す前に、何故ヨガの講師になりたいのかをはっきりさせておく必要があります。

ヨガには様々なライセンスがありますが全て民間のものですので、誰でも講師になることはできます

もし、ライセンス不要でヨガ講師を募集している求人があれば、あなたは今すぐにでもヨガインストラクターとして働き出すことが可能です。

しかし、現実問題として何のライセンスも持ち合わせていない無経験者を募集している所は滅多にありませんし、万が一あったとしても一定基準の技術や知識が無ければやっていけません。

その為、ヨガ講師になるにはインストラクター養成スクールで技術や知識を学び、資格を取得するのが一番の近道になります。

スクール選びでは費用や通いやすさも大事ですが、一番重要なのは、どのような資格を取りたいか、またはどういった場所で働きたいかを決めてから考えるという事です。

ヨガには多種多様なライセンスがあるので、学校選びを疎かにするとプロに必須の資格が取れない可能性もあります。

また、職場によってはヨガインストラクター以外のライセンスが必要になるので、お目当ての場所で働けないかもしれません。

これらの理由から、自身の目的を明確にする必要があるわけです。

 

ヨガインストラクターの主要ライセンス

ヨガのライセンスは数多くあるとはいえ、日本で主要なヨガインストラクターの資格はある程度共通しています。

一番有名なのは、やはり『全米ヨガアライアンス』でしょう。

日本だけでなく世界でも通用するインストラクターのライセンスです。

この資格を取得するには、認定校に指定された養成スクールのコースを完了させなくてはいけません。

講師として働くにはほぼ必須といっても良いライセンスなので、本気でインストラクターになりたいならば認定校に通いましょう。

日本では、NPC法人の『日本YOGA連盟』もよく目にします。

この団体は、ヨガ講師の養成や認定を行っているだけでなく、全国の施設などで様々な支援を執り行うことで地域に貢献もしています。

通常のインストラクターだけでなく、温泉ヨガ指導員やアシスタントの認定もしているのが特徴です。

美容目的のヨガ講師を目指しているならば、『一般社団法人全日本ヨガ協会』のライセンスも良いでしょう。

美容や健康を解消し、人と交流を広げることを目的とした団体です。

インストラクターの育成も行っていますが、基本的に楽しむ事をメインにしているようです。

 

全米ヨガアライアンスの認定校で取得可能な資格

プロのインストラクターになるならば、実質、全米ヨガアライアンスのライセンスは必須です。

他の資格が要るならば、このライセンスを取ってから取得するか、あるいは同時に勉強するかのどちらかがおすすめです。

多くの養成スクールで全米ヨガアライアンスの認定資格取得を目標にしていますが、決して全てのスクールで学べるわけではない点に注意してください。

コースをよくチェックしてから申し込みを行いましょう。

全米ヨガアライアンスの資格は現在主に6種類あります。

はじめに教わる『全米ヨガアライアンス認定200時間(RYT200)』と『認定500(RYT500)』。

RYT500が修了したプロのみが取得できる『全米ヨガアライアンス認定200時間(ERYT200)』と『認定500時間(ERYT500)』。

妊娠している女性専用の『全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガ(RPYT)』。

子供に教えるための『全米ヨガアライアンス認定キッズヨガ(RCYT)』。

RYT200は専用プログラムを特定の時間行えば取得できますが、その他のものは指導経験が無くては取れません

RYTまでは比較的すぐに取れますが、ERYTになると数年の指導経験がなくてはいけないので難易度が上がります。

 

サイト内検索
記事一覧