口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ5選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクター養成スクールとは?

海外セレブや有名モデル、国内で活躍をする有名人にもヨガをする人が多いですが、一般人でも関心を持ち始める人は増えています。

さらに上を目指してインストラクターに挑戦をしようと考えた時、専門の養成スクールとはまさに本格的に学び目指すことができる場所です。

 

一定技術と知識を持つことを証明されるためにも利用を

注目度の高いヨガではありますが、指導をする立場となるインストラクターには国家資格などの取得を義務付けられてはいません

そもそも国家資格ではありませんし、教えるにあたりライセンスの取得無しでも指導は可能です。

しかしせっかく魅了されてその良さを知り、広く多くの人に伝えたいと考えてあるのであれば、本格的に基礎から知識と技術を付けたほうが自分のためにもなりますし、教える立場としても信用されやすいでしょう。

誠実に向き合う指導者を目指すのであれば、ぜひとも利用してほしいのが専門の養成スクールです。

日本国内にあるアメリカの非営利団体で、ヨガの認定資格を授与する協会の認定スクールにあたり、基礎からのトレーニングを受けることができます。

総合的な時間としては、200時間の受講が条件であり、技術知識も一定をクリアしたことを認められる証明を得ることが可能です。

さらにスキルを高めたい人であれば、もっと上のレベルを目指していくこともできますので、本人の情熱や目指す場所まで学ぶことができます。

基礎から学びあらゆるシーンで活躍することができる

基礎からプロとして活躍できるまでの知識と技術を徹底して学ぶことができるのが、ヨガインストラクター養成スクールです。

好きだからといった理由の延長で、見よう見まねで指導をするわけではなく、専門のスクールでクオリティの高い学びを得ることができます。

専業でインストラクターとして活躍をする人が多い中にも、兼業で学び指導をする立場を目指す人も少なくはありません。

身体を使うダンサーなどの職種であったり、健康面に関わる職種の人も関心を持つ割合は多く、心身のヘルス面を重視するセラピストが学ぶケースも増えています。

ヨガを専門としているスタジオやスポーツクラブはポピュラーな活躍の場ですが、カルチャーセンターでの指導者として働くことも可能です。

フリーランスとして自由なスタイルで仕事を受けられるものの、正社員として雇用をされることもできます。

プライベートレッスンやオフィスなどから依頼を受けて、そのたびに出かけて行ってヨガを教えるなど、働き方も様々です。

利用者のニーズに応えられる指導者になるために

根本的な部分から学び専門知識と技術を習得していくことができるのが、本格的に学習ができるヨガインストラクター養成スクールであり、加えて生徒さんへの配慮なども同時に学んでいくことができます。

健康や美容のために始める人が多いヨガですが、スポーツジムやカルチャースクールなど参加をする人の年齢層は実に様々です。

若く健康な人だけが興味を持ち始めるわけではなく、身体が弱いために丈夫になりたくて始める人や、肥満体でスリムボディを目指して開始をする人など、参加者の幅が広いと言えます。

だからこそその人の個性や価値観、存在などもトータル的に大切にしていく必要がありますし、プロの指導者として重要なのは思いやりです。

長い歴史のあるヨガの哲学などから学び、呼吸法やポーズなどの基本知識を深め、同時に知識だけではなく実践をして行きます。

安全性を重視してアーサナを行う手段を学び、解剖学などの知識も必要です。

指導をするクラスの編成の仕方や指導法のコツを習得して実践を行い、解剖学と指導法を完璧に自分のものにしていかなければなりません。

初心者から中級者は基本のポーズで構成をされることが多く、他にもリラックス目的で利用をする人もいますので、そのニーズにも応えられるように自分を育てていく必要があります。

 

自分が楽しむだけではなく人に自信を持って基礎から応用まで、しっかりと教えることができる学びを得られるのが、ヨガインストラクター養成スクールです。

国家資格などはないものの、ヨガの基本から指導に至るまでトータルで学ぶことができます。

サイト内検索