口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクターになるには養成スクールに通わなければならない?

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/01/24

ヨガ教室ではヨガインストラクターが講師をしてくれますが、自分でも教室を開講したいと考える人がいるかもしれません。

教室を開こうとすればインストラクターにならないといけないのですが、なるためには何をすればいいか知っておきましょう。

国家資格はないが最低限の知識や技術が必要

医師や看護師などは国家資格であり、所定の資格を得た人しかその仕事ができません。

医療に関する資格は非常にたくさんあり、医師以外にも柔道整復師や鍼灸師なども一定の治療を行える医療系の国家資格になるでしょう。

治療とまではいかないまでも健康的な体を維持するのに役立つとしてヨガが知られています。

発祥はインドとされていますが、世界で広まっている健康法の一つかもしれません。

ヨガは独学などで自由に行うことはできますが、正しい姿勢などをするにはヨガスクールに通い、そこでヨガインストラクターに適切な方法を指導してもらうのがいいでしょう。

では、反対に通うのではなく自身がインストラクターとして人にヨガを教える立場になるためにはどうすればいいのでしょうか。

健康に役立つヨガですが、指導するに当たっての国家資格はなく、誰でも勝手に名乗って行うことはできます。

しかし健康にかかわることもあり、正しい知識を身につけることが大前提と言えるでしょう。

養成スクールであれば知識や技術の習得ができ、民間資格の認定をしてもらえます。

認定資格が取得できるスクールを利用する

体の柔らかい人は膝を伸ばしたまま手を床にぴったりつけられたり、足先が頭にぴったりつけられたりができます。

体の固い人からすると常識的でないかもしれませんが、決して異常な状態ではなくトレーニングなどを積めば色々な姿勢が取れるようになります。

ヨガ教室は全国にあり、通う人も増えてきていますが、そのスクールで指導をしてくれるのがヨガインストラクターになります。

このインストラクターなるためには特に資格は入りません。しかしスクールとして運営しようとするとそれなりに信用が高くなければならないのも事実でしょう。

民間の資格でありながらインストラクターの多くが取得しているものがあるので、インストラクターになりたいならそれの取得を目指すと良いかも知れません。

なお、インストラクターを養成スクールは非常に多く、それぞれのスクールで認定される資格が異なるときがあります。

よく知られているのはアメリカ発祥の資格で、こちらであればどこでスクールを開講しても信用してもらえるでしょう。

どの資格が取れるかをチェックしてスクールを選ぶようにしましょう。

通学できないなら通信で学べるスクールを利用

会社での仕事帰りに健康やストレス発散のためにヨガ教室に通う人がいるかもしれません。

通っているうちにどんどん自分でもできるようになり、そのうちヨガインストラクターになれるのではと考えるかもしれません。

しかし、なるための方法が分からないと実現するのは難しくなります。

一般的には養成スクールがあり、そちらに通って認定を受けたインストラクターから直接教えてもらうようにします。

体を使うので、実際に見たり見てもらう方が正しい姿勢などを習得できるようになるでしょう。

しかし会社勤めなどをしていると忙しくなかなかスクールに通えないときもあるので、そんなときには通信教育で学べるスクールを利用してみましょう。

テキスト教材のほかに映像教材が用意されていて、それを見ながら正しい姿勢を学ぶことができます。

疑問点などがあればメールなどを通じて質問ができるようになっているので、通うのが難しい人でもしっかりと基礎などを学べ、最終的に資格の認定が受けられる仕組みです。

 

ヨガインストラクターは国家資格でないので一応は誰でもできます。

ただ知名度のある民間資格の認定を受けると、それなりに信用してもらいやすくなるでしょう。

通学するほかに通信などで学べるプログラムも用意されています。

サイト内検索
記事一覧