口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクター養成スクールに通う期間はどのくらいがいい?

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/11/27

お稽古ごとの中でも圧倒的な人気を誇っているヨガですが、インストラクターを目指す方も多くいて、RYTとよばれる全米ヨガアライアンス資格を取得するのが主流になっています。

今では受講者のニーズの多様化により、養成スクールのコースにも様々なタイプのものがあり、期間もそれぞれ違うようです。

選択肢が広がったからこそ自分に合ったコースをしっかり選びたいものです。

 

 

長期スクーリングで確実なスキルを手に入れる

ヨガを教える技術を身に付けるまでには、様々な経験が必要になります。

ヨガをするのが初めてだけど、ヨガインストラクターを目指したいという方はある程度の期間をかけてスクールに通うことが必要になるでしょう。

スクールへ通いながら資格取得を目指すコースですと、一番短い期間だと3か月ほどで終了できるようです。

しかし、それには毎日数時間のクラスを受ければならず、まとまった時間の取れない社会人や子育て中の主婦には難しいかもしれません。

一番短いカリキュラムでも終了まで半年くらい見た方が良いでしょう。

資格の取得まで時間はかかりますが、じっくり学べるということは一回一回の内容を焦らずに復習しながら進めていくことが出来るということです。

着実にステップを踏むことにより、細かい技術や知識まで身につけることができます。

また、長期で通う場合スクールによってはデビュー枠が用意されていたり、3年間のサポートの保証がついていたり、手厚い支援が受けられます。

これなら、資格取得後の進路を気にしたり焦って授業を詰め込む必要もないので、精神的にもリラックスして資格取得に望めますね。

 

短期集中養成講座で安く早くヨガインストラクター資格を手にする

とにかく早く資格を取得したい、またはヨガスクールが近くになく、長期にわたって通うことが出来ないという人には短期集中養成講座を受けるという方法もあります。

短いコースでは10日から最長は大体1か月半くらいまでのコースがあります。

スクールによっては、ハワイやインド、バリ、オーストラリアなど魅力的なロケーションへ海外留学をしながら資格を取る短期留学コースなどもあり、休暇や次の仕事の前に空いたブランクに参加する人も多くいます。

短期集中養成講座は少ない日数でカリキュラムを取得するので長期のコースよりも値段が安めのものが多いです。

金銭的に余裕が無いけど資格が欲しい方も、短期集中養成講座が向いているかもしれません。

ただ、インストラクターとしてヨガを仕事にしていくことを考えているなら継続的な学習は必ず必要になります。

生徒からより信頼感を集め、指導力あるインストラクターになる為に十分な経験を積むには短期のコースは少し短いかもしれません。

そんなときは単発レッスンや業界事情を知れるセミナーに参加してみるのも良いかもしれません。

 

養成スクールに通う期間は目的によって違う

一見大変そうなヨガの資格取得もコースの多様化によって以前よりもだいぶ敷居が低くなってきました。

短期コース、長期コースのどちらが良いのかは自宅の環境や予算、又は目的などによって変わってきます。

自宅から通いながらじっくり基礎から学びたい方は長期の通学、地方等に住んでいて近くでヨガインストラクター養成講座が受けられない方や、休暇を利用して楽しみながらついでに資格も取りたい、という方には短期集中講座が良いのではないでしょうか。

多くの講座ではヨガインストラクターの資格取得だけではなく、よりヨガを楽しむために必要なこと、そして他の仕事や日常にも活かせる知識や技術も学ぶことが出来ます。

資格取得のために費やせる時間はそれぞれであると思いますが、今は様々なスクールやコースが増え自分のライフスタイルやライフステージに合わせて選ぶことが出来るので、迷ったら一度スクールに通うスケジュールをシミュレーションしてみると良いと思います。

短期であれ長期であれ、自分に合った通い方が今後のヨガ人生を決めることになるでしょう。

 

サイト内検索
記事一覧