口コミでも評判のヨガインストラクタースクール(学校)おすすめ10選をご紹介!【資格を取りたい・先生になりたい方に人気!】

ヨガインストラクターのスキルアップのための養成スクールはある?

ヨガインストラクターになるために養成スクールに通って資格を得ることは、運動が好きであればそんなに難しいことはありません。しかし、常にスキルアップを目指すには勉強をして知識や経験を養っていく必要があり、そのためには積極的に行動をおこすことです。

需要がどれくらいあるのか知ること

高齢化社会へのスタートを切りだした日本ではいかに健康を維持するのか、また運動を通して健やかな毎日を送ることができるのかは注目されています。

健康とは栄養を取り定期的な運動をすることによって、心身のバランスを調整して常に身体だけではなく、心の状態も健全でいることが目標です。そのためには運動でもハードなものではなくソフトで続けることができるものを選ぶことで、いつまでも若々しく健康を作ることができます。

その一つの方法としてあるのが「ヨガ」になり、ヨガには横隔膜をコントロールして呼吸の質を高めたり、特殊なポーズを取りながら筋肉や関節の可動域を広げることで、アンチエイジングの効果を期待できたりします。

また瞑想などもやることで精神的に落ち着くことができるので、ストレス社会ではヨガを取り入れたリラックス方法まで広がりをみせています。スポーツやフィットネス業界でもヨガスタジオも多くみられるようになり、それだけ興味のある会員や受講生などが増えてきているということです。

そのためにヨガインストラクターが必要で需要があるのにもかかわらず、人材が不足しているという背景からもインストラクターの育成は急務となっています。勉強をして資格を取得することは難しいものではありませんが、特殊なエクササイズであり専門性の高さや技術の習得に関することなどはハードルが高いです。

養成スクールでは目的とするプログラムをクリアしていくので、カリキュラムが充実していることやライフスタイルに合わせて通うことができるのも今の時代にマッチしています。

活躍する場所とその後の影響がある

ではヨガインストラクターになって自分でスタジオなどで活躍するには、求人を探したりインターネットの募集掲示板を利用することもできます。また養成スクールから紹介をもらうことができるので、いろいろなパターンで仕事をもらうことができるのも魅力です。

しかし気をつけたいのは、レッスンをもってやっているからといっても、常にスキルアップをしなくてはいけないことは間違いありません。

同じようなレッスンを繰り返しているとクライアントも飽きてしまいますし、やめていく要因になってしまい、レッスンを続けることができなくなります。常に意識をしていきたいのはスキルアップをするということや、モチベーションを維持して知識や経験を増やしていくことに他ならないことです。

独学よりもスクールに通うことがいい

こういったインストラクターにはスキルアップをする二つの方法があり、一つは独学で知識を増やしていく方法で、もう一つは養成スクールに通うことです。この二つの方法によって新しい経験を通してレベルを上げることができますし、また他の分野からの知識もいれることで感受性を高めることができます。

独学では雑誌や教科書から基礎的なことをもう一度やっていくことで、今までとは違った解釈や本質的なことがわかってくることも多いです。また現場でやっているという経験からきていることでは、自分の得意分野がなにであり苦手な分野がどこであるのかがわかるので、理解をする速度が速くなります。

養成スクールに通う方法ではすぐにスキルアップができるということではなく、新しい知識を通して基礎を学ぶことができるのがメリットです。新しい知識ではポーズなどもそうですし、真似てやるようなポーズではなくアライメントを理解してどの筋肉や骨格が稼働しているのかを把握することで、より深い位置で学ぶことができます。

特に解剖学や生理学では今までは忘れていたことや、新しく知識として取り入れることがたくさんあるので、ヨガの精度が増すことで将来性があがります。

 

ヨガインストラクターとして働くようになっても常にスキルアップを目指していかなくては、自分の価値が下がってしまいクライアントが遠のきます。そうならないようにするには、もう一度スクールに通うことでスキルアップをしたり新しい知識を得て自分を高めることです。

スクールでは今までやってきた経験からより深いところを理解できるようになるので、自分の内面を鍛えることができますし、知識が増えることでよりヨガインストラクターとしての質が上がります。

サイト内検索
記事一覧
おすすめヨガインストラクター養成スクール